【第一話】キッコーマンの箱と「玉入れ遊び」

【第一話】キッコーマンの箱と「玉入れ遊び」←今ココ

【第二話】「部活はキツく。耐えれば上手くなれる。」

【第三話】「才能がないなら練習量で勝負だ!」

【第四話】バスケ人生を崩壊させたNBA選手の”ある動き”

【第五話】プロの世界と迷い

【第六話】古武術との再会

【最終章】新世界へ

 

 

 

僕は、田んぼと山が囲まれた田舎で育ちました。

 

ザリガニやカブトムシを捕って飼ったり、

夜は、カエルの合唱(鳴き声)を聞きながら寝てました。

 

今思い返しても凄く和む良い夜でした。

 

スマホもなく真っ暗で静かで、

双子の弟と毎晩いろいろ話して寝てました。

 

 

両親はバスケをやったことはありません。

ほとんどルールを知らないくらいなんですけど、

たまにバスケの試合を見にきてくれて接戦の試合は、

「もうドキドキさせないでよ~!」とよく言っていました。

 

…ごめんなさい。笑

 

 

2歳年上の兄がミニバスに入ったことがきっかけで

僕と双子の片割れは同時にバスケを始めることになりました。

 

ミニバスに初めていったのは小学校4年生の終わり。

 

監督はアフロヘアーがトレードマークの

とてもユニークで面白い人で伸び伸びとバスケをさせてくれました。

(放任主義すぎて練習中はゴール下で寝てたりしていました。笑)

 

 

当時は、家にゴールがなかったので色々なものをゴールに見立てていました。

 

家の駐車場にあった電灯向かってシュートを打ったり、

電柱に向かってシュートを打って真っ直ぐ跳ね返ってくるように遊んだり、

雨の日、洗濯籠を階段の上に置いて丸めた靴下を投げ入れるなんてこともやってみたり。

 

 

最終的に行き着いたのが、これです。

 

 

これは2001年の写真なので今から15年前のもの。

 

 

この写真の通り、バスケットゴールが家にあるわけではなかったので、

脚立とサッカーボールとキッコーマンの箱を使って「仮想バスケゴール」で遊んでいました。

 

父親の発想力、センスありますこれは。

 

 

地面が土なのでボールは弾まない。

石がゴロゴロしているからドリブルしにくい。

リングの横の幅が狭いからなかなか入らない。

ボードは一枚の板だからあってないようなもの。

 

いきなり「難易度高め」です。

 

でも、そんなことに対して

「ちゃんとしたゴールじゃないじゃん!」

なんてことは一切考えずに夢中で遊んでいました。

 

ルールもなく、ただひたすらゴールにボールを入れるだけに集中して。

 

文字通り、”夢の中”にいる感じでした。

 

 

この写真を見るたびに、あの言葉を思い出します。

 

『タマ入れ アソビ部 なんかよ!!!』

 

 

スラムダンクの1巻。

 

桜木が晴子に振られたと勘違いしているところに、

バスケットボールが飛んできて、バスケを侮辱している場面ですよね。

 

子どもの頃、こうやって僕はバスケをしていたので、

バスケは深くて面白いし、様々な戦術とか技術とかがあるんですけど、

それらを全部削ぎ落としていったら、「玉入れ遊び」だなぁと思うことがあります。

 

バスケの原点ってココなんじゃないかと思っています。

 

少なくとも僕にとっての原点はココです。

 

 

 

そんなこんなで小学5年生からバスケをしています。

 

ミニバスにも入り、地元に友達が増えていって、

バスケにはまりだしたとき、ちょうどNBAを見ることになります。

 

 

当時は、もちろんスマホもない時代。

 

パソコンも一家に一台ですし、通信制限も遅いし、

そもそも検索をしたとしても動画はほとんどない時代です。

 

NBAを見る手段は深夜のBS1放送のみ。

 

毎日、朝起きて朝食を食べる前に新聞を手にし、

一目散に裏面にあるテレビ欄を開き、

「NBA」という三文字だけを探していました。

 

そして、欠かさず録画をして次の日に鑑賞。

 

 

小中学生なりに撮り溜めたビデオテープは、未だ捨てられず残っています。

 

凄いプレーがあるたびに、テレビの前で真似をして、

すぐに外にある仮想ゴールでNBA選手になりきっていました。

 

もちろん、頭の中だけの話ですけどね(笑)

 

 

 

一番最初に好きになったのは、Bobby Jackson

 

サクラメントキングスに所属していたガード。

Bobby Jacksonは、2002年の6thマン賞を受賞して、

得点力があり、ゲームの流れを変えるところがカッコ良くて憧れました。

 

NBAを最初に見た印象は、

「テレビゲームでも見ているような感覚」

だったと思います。

 

 

フリーのシュートがほぼ100%入る。

 

なんだこれ(笑)状態でした。

 

 

 

見よう見真似でNBA選手の真似をして、

頭の中だけはNBA選手になりきってバスケの練習。

 

当時から今でも変わらず、

「NBA選手みたいにバスケが上手くなれたら楽しいだろうなぁ!」

という気持ちでバスケをしています。

 

中学に上がって部活動に入っても、その熱は相変わらずで、

NBAを見ては真似をして、学校帰りに自分の家に友達を呼んで、夜遅くまでバスケをしていました。

(狭いコートなのに2対2をするようになり、壁にぶつかって骨にヒビが入った友達もいました。笑)

 

 

双子の兄弟とはよく「100点ゲームの1対1」をしていて、

ファールかファールじゃないかの喧嘩をして家に帰ったら、

どちらも「(自分が)勝ったよ!!」と言って親に報告をしていました(笑)

これがその時の記録の一部。

 

136対100という超ハイスコアもあります(笑)

 

ここには書ききれないくらいの数の1対1をして、

それの半分くらいの数の喧嘩をして育っていきました。

 

 

 

こうして、僕は

仮想のバスケゴールとNBAのおかげで、

「遊び」としてのスポーツを始めることになります。

 

 

「遊び」としてのスポーツとは、

勝敗とかルールとかに縛られず自由なものです。

 

・時間も空腹も忘れて夢中になる

・他人と比べて優劣を決めることなく遊ぶ

・ルールや枠に囚われず、自由な発想で遊ぶ

という「玉入れ遊び」。

 

 

 

このまま自由に楽しみながらバスケをして!

 

 

 

 

 

 

…と、なるかと思いきや、

ここから僕にとっての長~い「闇」の時期に入ります。

 

あんなに柔らかかった頭(思考)は、どんどん固くなり、

それに比例する形でプレー(動き)も固くなっていきました。

 

 

あの仮想ゴールは、どこへやら…。

 

子どもの時に知った「遊び心」は、どこかに行ってしまったのでした。

 

 

 

 

・・・(続く)

 

【第二話】「部活はキツく。耐えれば上手くなれる。」

RETURN TOP