『本田圭介選手の卒アル』から学ぶ成長するために必要な考え方

『本田圭介の伝説の卒アル』

 

この言葉を聞いたら、たぶんほとんどの人が内容を思い浮かべられるはずです。

それくらい有名で、伝説の卒業アルバムです。

 

その卒業アルバムとは、本田選手が小学校を卒業する時に書いたものです。

 

honda-2

『ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。
だから、今、ぼくはガンバッている。
今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。
そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。
Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。
そしてレギュラーになって10番で活躍します。
一年間の給料は40億円はほしいです。
プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。
一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。
セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。
ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。
この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。』

 

有名なので、多くの人が知っていると思いますが、

本田圭佑選手の卒業アルバムを見て、皆さんはどのようなことを感じますか?

 

小学生の頃から、これだけ自分の夢を具体的に考えていて、

そして、それを実際に公の場に書けるだけの度胸、というより、自信がもの凄いですよね。

 

今の本田圭佑選手を見ていると、まさに卒業アルバム通りの活躍をしています。

 

 

「やっぱり有名になる人は、小さい頃から人と違っていたんだ。」

と思わされてしまいます。

 

 僕は最初に、この文章を読んだときに、

「あ、やっぱり有名になる人は、昔から具体的に夢を持って考えてたんだ。それくらい小さい頃からしないとだめなのかなぁ。」

と思い、夢を持てと学校で言われたことがありましたが、その通りなのか、と思っていました。

 

夢を持っている人が、皆夢を叶えているわけではないですが、

夢を叶えている人は、夢を持っている人が圧倒的に多い印象です。

 

それも、この卒業アルバムから学べることの一つだと思います。

 

ここ最近、このアルバムから学べることをもう一つ気づいたので、シェアさせていただきます。それがこのアルバムから学べることの答えである、などというつもりはありませんが、僕は僕なりの視点で、新しい考え方を学ぶことができました。当たり前のことかもしれませんが、今の本田圭佑選手がこれだけ世界的に活躍をしている理由は、その考え方にあるのではないかと考えています。

 

 

 

今の自分を受け入れて、未来の自分にコミットする

 

本田圭佑選手の卒業アルバムの中で、「夢を持つ」以外に、スゴいなぁと思う文章は、この文章です。

ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。
だから、今、ぼくはガンバッている。
今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。

 

僕は、この本田圭佑選手の考え方から、成長するために大切なことを学びました。それは、以下の二つのことです。

・今の自分を受け入れる

・未来の自分にコミットして行動する

 

○今の自分を受け入れる

小学生のころの本田選手は、今の自分の状況をしっかりと受け入れています。「いまはヘタだけれど」という部分です。今の自分の実力を強がって隠すことなく、今の自分の弱点や未熟な点をしっかりと認めています。これは、簡単そうに見えますが、なかなか難しいことだと思います。自分の恥ずかしい部分、失敗、弱さなどを素直に受け止めるのは、自分が惨めになると感じてしまいます。そのため、その弱い自分を覆いかぶせるようにして「いや、今の自分はこんなはずじゃない。」というように、隠してしまうことがあります。

 

ですが、今の自分を覆い隠していても、それはただ「逃げている」ことと変わりません。

例えば、もし、今の自分がフリースローが苦手だとします。練習中や試合中で、「フリースローが入らない」という現状があった時に、それを隠して「いや、フロースローが苦手なわけがない。自分はできるはずだ。今、外れているのは、たまたまだ。」というように考えていたとします。でも、実は、フリースローが外れいている理由は、「フォームに何かしらの問題がある」ということでした(仮定の話です)。

 

今の自分の状況を受け入れないで、「今の自分ならできる」と思い込むと、本質を見失ってしまうことになります。そして、「何かを変えて、より良くしよう!」というように、何かを変化させるために行動をすることをしなくなってしまいます。(今の現状のままでも良いなら、そのままにしておけばよいですが、)今の現状よりも良くしたいという場合は、まずは今の自分の現状を受け入れることが大切です。「フリースローが入らない」という事実があるなら、それをまずは、恥ずかしかったり、惨めな思いをしたりするかもしれませんが、まずは受け止めて、その理由を考えることが必要です。

 

自分の今の現状や弱い部分は、覆い隠したくなります。でも、覆い隠したとしても、根本的な解決にはなっていないことが多く、表は変わっているように見えても、中身が変わっていないため、いつかボロが出てしまいます。一瞬だけでもより良くなった(と勘違いする)と安心して、どこかでボロが出て成長していないよりも、今がダメなことを認めて、これから先より良くなることの方が楽しいし、それが成長するということだと思います。

 

 

 

○未来の自分にコミットして行動する

そして、本田選手の考え方のスゴいところは、今の自分を受け入れつつ、未来の自分にコミットして行動していることです。コミットとは、到着して当たり前の未来に向かって進んでいると確信することです。本田選手の場合は、未来の自分が世界的に活躍をしている姿を想像して、そのために「今練習をガンバっている」と言っています。

 

これは、先ほどの「今の自分を受け入れる」とセットで考えることで、成長することができるようになると思います。

先ほどは、今の自分を受け入れるということで、弱い部分を認めることが大切だということを話しました。ただ、これだけでは、「今の自分はこんなに弱いのか…。」「今の自分は、こんなにまだまだなのか…」と考えてしまい、ネガティブになってしまいます。そこで、今の自分はダメだったとしても、未来の自分は上手くいくことを確信しながら、行動をすると、今よりも成長することができます。

 

「今は下手だけど、未来は絶対に上手くなっている」

と思いながら、行動すると、今ではなくて未来にコミットすることができます。

 

そうすると、今やっていることと、未来の自分が一つの線で結ばれるようになります。未来の自分をコミットできていないと、「今やっていることがこの先どんな意味があるんだろう?」と考えてしまい、今やっていることに使うパワーが半減してしまって、今やっている行動が100%生かされなくなってしまいます。ですが、未来の自分にコミットすると、今ダメであっても、「今のやっていることは、必ず未来に繋がっているはずだ。」と考えることができるので、今やっていることに100%集中することができます。

 

よく有名人のドキュメンタリーなどを見ていると、「今思うと、あの時の失敗がなかったら、今の自分はない。」というような発言が見られます。このような、「昔の自分の失敗が今の自分を作っている」という感覚は、一度は誰でも経験したことがあると思います。井上雄彦先生の漫画『リアル』で野宮が配達のバイトをしているときの発言でも、同じようなことが書かれています。

S__8642673 S__8642674S__8642675

漫画『リアル』6巻より

 

そして、ただ「未来の自分はできるんだ!!」と思い込むだけでは、ただの妄想だけで終わってしまいます。そうではなくて、今の自分を受け入れつつ、未来の自分にコミットして、何かしらの行動をすることが大切です。先ほどのフリースローの例だと、「今の自分は、フリースローが苦手だ。でも、それには理由があるはずで、その理由を探して、練習をすれば、必ず将来は上手くなるはずだ。」と考えて、行動することで今よりも成長できるようになります。

 

今の自分を受け入れつつ、

未来の自分にコミットをして行動をする。

 

本田圭佑選手は、そんなメンタリティーで小学校時代の頃から生きているんだと思います。

 

とはいっても、小学生のころからそんなことを考えることができて、それを卒業文集に堂々と書けるのは、本田選手くらいしかいないかもしれません。本田選手自身も、「昔から変人扱いされていた。」と発言しているので、小学校からかなり周りと違った考え方をしていたのだと思います。本田圭佑選手がこのようなメンタルで生きているのは、親の影響なのか、周りの環境のおかげなのか、それとも本田圭佑選手自身が生まれながらにもっていたものなのかはわかりません。「小学生の頃から、こうやってバスケをしてたらなぁ。」と少し思ったことがありますが、過去には戻れないので、とりあえず今日から、「本田メンタリティー」で生きていきたいと思います。

 

 

PS

今回の話は、起業家の人「未来にコミットする」という話と本田圭佑選手の卒業アルバムを繋げた話です。漫画『リアル』のシーンを紹介しましたが、漫画『スラムダンク』でも、安西先生が桜木に同じことを言っています。桜木がシュートを練習しているときに、自分のシュートの動画を見て「こんなのは俺じゃない!」と今の自分を否定した後に言った有名な言葉です。

安西先生 本田メンタル

今回話に出てきた「本田選手のメンタリティーとは逆のパターン」、

つまり、今の自分を覆い隠して、未来の自分にコミットしている(勘違いしてしまっている)のは、僕の昔の考え方です。

 

自分が失敗したり、上手くいなかったときに、その原因を考えることなく、「いや、こんなはずじゃない…。」と思い込み、今の自分を覆い隠していました。やっぱり、そのままだと、今の自分をより良くするための道に気づくのには、かなり時間がかかりました。本田メンタリティ―のように考えることができるようになったのは、起業家の人の話を聞いてからなので、ここ2年くらいの話です。ちょうど、この発信を始めたときくらいになります。

 

今が何かを失敗したとしても、

今バスケが下手であったとしても、

未来から見たらそんなのは関係ありません。

 

「今のまま」でよければ、何も変える必要はありませんが、

「今よりも成長したい」と思うからこそ、未来の自分にコミットをして行動していきたいと思います。

 

この発信に関しても、自分自身のバスケに関しても、そう思いながら生きています。

今、この発信で行っていることだけでは、「NBAのスゴさ」を全部網羅することはできませんが、これから先はできるようになると確信しています。それは、この場に多くの方が集まっていて、様々なバスケの考え方を知ることができるからです。この発信をすることによって、毎日新しいことを皆さんから学ばせてもらっています。そのおかげで、僕は、今でもバスケは下手ですが、昔の自分よりは確実に上手くなることができています。

 

同時に、この発信を続けていくことで、発信を受け取ってくれている皆さんがより良いバスケをすることができることも確信をしています。自分が成長するのと同じように、お互い成長することができているし、これからもしていき、日本のバスケがより良くなると信じています。

 

 

本田選手のメンタリティーを持ちながら、楽しい未来を想像して、バスケをしていきましょう!

 

 

 

PS

今回の話は、Appleの創設者であるスティーブ・ジョブスの有名なスピーチの内容とも繋がります(話で出てきた”起業家の人”というのは、ジョブスとは別の日本の起業家の方です)。とても素晴らしいスピーチで、「過去と現在と未来の点が線で繋がる」という話は、特に今回の話と繋がる部分なので、是非ご覧になってみてください!(動画の冒頭に、「点と点を繋ぐ」ということについて話しています)

 

「本田圭佑選手の卒業アルバムから、こんなことも考えられるんじゃないのかな?」などのご意見があれば、コメントで教えてください。

 

次回は、本田選手の卒業アルバムとマジック・ジョンソンの言葉を繋げて、ある話をしていきたいと思います。次回もお楽しみに!

Magic-Johnson-620x480

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

発信者 バスケのヨシ物語(七話完結)