NBA選手の1対1から学ぶ駆け引き

この記事は2分で読めます

こんにちは、バスケのヨシです。

今回紹介する動画は、NBA選手の1対1の動画です。この動画を見たことがある人は多いと思いますが、今年の世界バスケのキャンプの練習後に、デュラントとハーデンとポール・ジョージの3人で行われた超異次元の1対1の動画です。DFもOFも世界最高峰のNBA。超異次元という言葉を使うと「中二廟だ」と言われてしまいそうですけど、こればっかりはどうしようもありません。笑

これだけの近いアングルで、練習後の本格的な1対1を、これだけ長く収録されている動画を僕は見たことがありません。NBA選手のプレーは、本場に見に行かない限り(本場に行っても、コートの近くの席を取れる確率も低いはず)、近くで見ることができず基本的に遠くのカメラアングルからのプレーを見ますよね。この動画は、本当に貴重で、価値がめちゃくちゃ高い動画だと思います!凄い時代に生まれたなと改めて思います。

 

さて、この1対1は、自由に1対1をしているのではありません。

ある一定のルールの中で1対1をしているのです。気付きましたでしょうか?

 

この動画のポイントは、二つあります。

 

 

1.ドリブル制限

この1対1のポイントは、ドリブルを2回までと制限していることです。

ドリブルを2回までと制限することで、トリプルスレッドポジションからの『駆け引き』を上手くしないとシュートを決めることができません。駆け引きとは、相手との読み合いのことで、選手によってその駆け引きの選択肢の幅はそれぞれです。2回のドリブル制限を付けることで、余計なドリブルから1対1をすることができないので、少ないドリブルから相手を抜かなければいけません。動画では、ステップバックを有効に使っているが多い印象を受けます。

 

 

2.勝ち残り

そして、もう一つは、1対1に勝った選手が続けてオフェンスをしている(=勝ち残り)ということです。

OFは、シュートを入れたら、そのままもう一度OFができるという仕組みです。逆に、DFは、相手からボールを取るかシュートを外させない限り、永遠とDFをすることになります。僕はアメリカのストリートコートでバスケをしたことがありますが、アメリカでのバスケでは基本的に「勝ち残り」の制度でハーフコートでのバスケ(1対1や3対3)が行われていました。(動画では、シュートを入れ続けたら、永遠とOFをするのではなく、「連続何本か入れたら攻守交代」のようにしているかもしれません。)

 

・シュートを入れ続ければ、永遠とOFができる

・相手を止めなければ、永遠とOFができない

こんな単純なルールですが、これだけでDFへの考え方は変わります。自分のチャンスがほしかったらDFを頑張らないといけません。そうしなければ、一生オフェンスをすることができず、得点差も開いていくばかり。バスケットボールの楽しさと厳しさを同時に感じられる素晴らしい仕組みです。

 

是非、今回の1対1動画から「ドリブル制限」「勝ち残り」という制度について考えてみてください。

どちらの方法もメリットもあればデメリットもあると思いますが、試してみることでその価値や面白さがわかってきます。NBA選手の1対1、もっと色々見てみたいですね!またどこかでYoutube上にあるNBA選手の1対1動画をまとめたいと思います。この動画、何度見ても見飽きない最高の動画です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP

Twitter